トップページ > WEB制作 > WordPressで固定ページかどうか判定するには「is_page()」を使います!
WordPress

WordPressで固定ページかどうか判定するには「is_page()」を使います!

ワードプレス

仙台の皆さん、こんにちは!

今回はWordPressで固定ページかどうか判定するための「is_page()」について解説します!

使い方

それでは、早速基本的な使い方から。


<?php if(is_page()): ?>
//固定ページだけで処理する内容
<?php endif; ?>

固定ページでだけ処理したい!」だけでしたら、上記で大丈夫です。

プラスして「でも固定ページ以外では違う処理をしたい!」という場合は、以下のようなコードになります。


<?php if(is_page()): ?>
//固定ページだけで処理する内容
<?php else: ?>
//固定ページ以外で処理する内容
<?php endif; ?>

<?php else: ?>で「以外」の処理を書き加えます。そんなに、難しくないですよね。

is_page()の他の使い方

固定ページか判定する以外に「特定の固定ページにだけ表示させてい!」という場合もこのis_page()を使って判定します。

IDで判定

特定の固定ページを「ID」で判定するには以下のようなコードになります。


<?php if(is_page(512)): ?>
//IDが512の固定ページの場合の固定ページだけで処理
<?php endif; ?>

上記のように書けば、idが512の固定ページだけで表示されるようになります。

ちょっと補足!

512などの整数は' 'で囲んでも囲まなくても大丈夫です。

ページタイトルで判定

特定の固定ページを「ページタイトル」で判定するには以下のようなコードになります。


<?php if(is_page('サービス')): ?>
//ページタイトルが「サービス」の固定ページだけで処理
<?php endif; ?>

スラッグで判定

特定の固定ページを「スラッグ」で判定するには以下のようなコードになります。


<?php if(is_page('service')): ?>
//スラッグが「service」の固定ページだけで処理
<?php endif; ?>

複数のページを指定

複数の固定ページを判定する」場合は、以下のように配列で指定します。


<?php if(is_page(array('32','324','512'))) : ?>
//IDが32、312、512、の固定ページで処理する内容
<?php endif; ?>

ID、ページタイトル、スラッグを混ぜてもOK!


<?php if(is_page(array('about','324','サービス'))) : ?>
//スラッグが「about」、IDが「324」、ページタイトルが「サービス」の固定ページで処理する内容
<?php endif; ?>

この書き方は間違い!

複数を指定する際によく間違うパターンは、以下のように配列を使用せずに指定してしまう場合です。


<?php if(is_page('32','324','512')) : ?>
//この書き方は間違い。よくある間違いパターン。
<?php endif; ?>

本当によく間違ってしまうパターンなのでご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?固定ページを判定するいろいろな方法でした。

表題は「固定ページかどうか判定する」という内容でしたが「特定の固定ページを判定する」方が長くなってしまいましたね。

それではまた!仙台・宮城でのホームページ制作やサイトリニューアルならダテナまで!もちろん県外の方も大歓迎です!

関連記事

仙台でのWEB制作ならダテナまで
ダテナは、宮城のWEB制作会社が運営しています。当サイトは宮城県、特に仙台に特化した地域情報を掲載しています。仙台・宮城の方にとって有意義なサイトであればと思います。